2010年05月26日

児童ポルノ悪質業者 「厳しく責任追及を」 警察庁長官(産経新聞)

 警察庁は21日、東京都内で都道府県警の少年課長らの会議を開き、インターネット上にはんらんする児童ポルノ対策として、安藤隆春長官が「事業者への画像の削除要請を徹底し、悪質な事業者に対しては厳しく責任追及を」と指示した。

 安藤長官は、児童ポルノは「一度ネット上に流出すれば、被害児童は将来にわたって精神的苦痛を受け続ける」と述べ、取り締まり強化を求めた。政府は、拡散を防ぐため掲載サイトへの接続を強制的に遮断する「ブロッキング」導入を検討、接続業者などの団体が今年度中の自主的な実施を検討している。

 一方、安藤長官は続発する児童虐待について「児童相談所に立ち入り調査や一時保護を働き掛けたり、積極的に事件化し、被害児童の安全を最優先して対応」するよう要請した。

イタリアンシェフもこっそり買いに来る「生パスタ」(産経新聞)
<訃報>作詞家の吉岡治さん 「天城越え」などヒット多数(毎日新聞)
【裁判員考】制度施行1年(中)選任手続き〜公判 迅速化、専門用語が壁(産経新聞)
「思い込み」が自分の可能性を制限している!?
谷村新司さん、非行防止へ楽曲書き下ろし(産経新聞)
posted by l5rsoa1gov at 11:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。