2010年03月23日

普天間問題、未決着なら継続使用 米海兵隊司令官(産経新聞)

 【ワシントン=佐々木類】コンウェー米海兵隊司令官は17日、沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設問題が決着しなかった場合の対応に関し「当然現状のままだ。(現在の飛行場を拠点に)作戦を行い、部隊を展開させ、地域の安全を保障していく」と述べた。米政府関係者と軍高官が継続使用の方針を明言したのは初めて。議会内で記者団に語った。

 日本政府が、名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沖に移設するとした現行計画を変更し、交渉が暗礁に乗り上げた場合を想定した発言とみられる。

 コンウェー氏はまた、「(鳩山政権による)5月決着を期待している。これ以上の遅れは日米合意に基づく2014年の完了予定を危機にさらすからだ」と語った。

 鹿児島県奄美群島の徳之島への移設案については、「われわれの懸念は地上兵力と航空部隊の一体性が維持できるかだ」と否定的な考えを表明した。

【関連記事】
普天間問題で首相、検討段階と強調 2案提示案は「推測記事」
普天間移設の政府案は「非公表」 決定は4月ずれ込みの公算 
「ホワイトビーチ案困難」 沖縄知事、陸上案も批判
普天間移設、日米外相会談で主要議題にならず 平野長官が指摘
ぎくしゃく日米関係 国務次官補の訪日中止に普天間の影
20年後、日本はありますか?

2審は賠償額を440万円に減額 大相撲八百長訴訟控訴審判決(産経新聞)
日本郵政 郵便局内の仕切り、撤去を開始(毎日新聞)
<大塚副内閣相>法人税率引き下げ必要 消費税率上げも言及(毎日新聞)
<郵政改革>亀井担当相が鳩山首相に具体策報告(毎日新聞)
<狩野探幽>水墨画「雲竜図」の作者と判明 京都・興正寺(毎日新聞)
posted by l5rsoa1gov at 14:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。