2010年05月28日

口蹄疫 鹿児島県が種牛を離島に分散避難(毎日新聞)

 鹿児島県は24日、口蹄疫(こうていえき)感染防止のため、県が所有する種牛を離島に分散避難させる作業を始めた。「鹿児島黒牛」ブランドを守るための措置。初日は曽於市の県肉用牛改良研究所から、若手の種牛6頭をトラック2台に分乗させ、鹿児島港に搬送。トラックごとフェリーに乗り込み、喜界島に向け出港した。

【特集】写真や最新記事でみる口蹄疫 

 県は種牛53頭を同研究所で飼育しており、この日運ばれた6頭には、約16万8000頭の子牛を世に送り出した「スーパー種牛」の「金幸(かねゆき)」(17歳)の子などエース級の牛が含まれる。6頭は25日未明に喜界島に到着し、家畜農家が所有する牛舎で県職員が管理するという。県は月内にも別の種牛6頭、種豚150頭を種子島などへ避難させる方針だ。【福岡静哉】

【関連ニュース】
【写真で見る】感染拡大が深刻化する口蹄疫
【関連記事】質問なるほドリ:口蹄疫ってどんな病気?
口蹄疫:種牛49頭延命認めず 国「猶予許されぬ」
口蹄疫:義援金名目で寄付要求 詐欺未遂で宮崎県警捜査

乳酸菌飲料「ピルクル」に酵母混入、自主回収(読売新聞)
現地で結婚式も フィリピン女性と偽装結婚仲介 パブ経営者逮捕(産経新聞)
随意契約、42%競争入札に=98独法が見直し―総務省まとめ(時事通信)
「ここは公邸」と張り紙=カジノ店摘発直前に元外交官―特権利用し捜査妨害か(時事通信)
八街放火殺人容疑の男、当日に滞納家賃支払う(読売新聞)
posted by l5rsoa1gov at 19:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

児童ポルノ悪質業者 「厳しく責任追及を」 警察庁長官(産経新聞)

 警察庁は21日、東京都内で都道府県警の少年課長らの会議を開き、インターネット上にはんらんする児童ポルノ対策として、安藤隆春長官が「事業者への画像の削除要請を徹底し、悪質な事業者に対しては厳しく責任追及を」と指示した。

 安藤長官は、児童ポルノは「一度ネット上に流出すれば、被害児童は将来にわたって精神的苦痛を受け続ける」と述べ、取り締まり強化を求めた。政府は、拡散を防ぐため掲載サイトへの接続を強制的に遮断する「ブロッキング」導入を検討、接続業者などの団体が今年度中の自主的な実施を検討している。

 一方、安藤長官は続発する児童虐待について「児童相談所に立ち入り調査や一時保護を働き掛けたり、積極的に事件化し、被害児童の安全を最優先して対応」するよう要請した。

イタリアンシェフもこっそり買いに来る「生パスタ」(産経新聞)
<訃報>作詞家の吉岡治さん 「天城越え」などヒット多数(毎日新聞)
【裁判員考】制度施行1年(中)選任手続き〜公判 迅速化、専門用語が壁(産経新聞)
「思い込み」が自分の可能性を制限している!?
谷村新司さん、非行防止へ楽曲書き下ろし(産経新聞)
posted by l5rsoa1gov at 11:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

<B型肝炎訴訟>国側、和解勧告受け入れ表明 札幌地裁(毎日新聞)

 集団予防接種が原因でB型肝炎ウイルスに感染したとして患者や遺族が国に1人当たり1650万〜6600万円の損害賠償を求めているB型肝炎訴訟で、国側は14日の札幌地裁(石橋俊一裁判長)の口頭弁論で、和解勧告受け入れを表明した。原告側も受け入れを決めており、提訴から2年余で、双方が和解交渉のテーブルに着くことになった。今後、救済範囲や補償額などを巡る協議が始まる。

 札幌地裁は前回期日(3月12日)で双方に和解を勧告し、14日までの回答を求めていた。原告側はただちに和解協議入りを決定。札幌に続き、3月26日に福岡、4月23日に大阪の各地裁でも同様の勧告が続いたが、政府は方針を正式表明していなかった。

 この日の口頭弁論で、国側代理人は和解協議の受諾を表明した一方、「和解対象者の範囲や認定方法、原告の症状に応じた和解金額などについて、議論が尽くされていない」と述べ、具体的な条件は示さなかった。

 札幌地裁は和解勧告に当たり、救済範囲や補償額を「広くとらえる方向で判断する」との指針を示した。しかし国内感染者数は推計で最大140万人とされ、補償額は過去の薬害などと比べて過去最大規模になる可能性がある。国側は慎重な姿勢を保つとみられ、交渉は難航も予想される。

 B型肝炎を巡っては、ウイルス感染の危険性を知りながら注射器の使い回しを放置していたとして、最高裁が06年6月、北海道の患者5人に対し国に1人550万円の賠償を命じた。しかし国は被害者の一律救済や実態調査に踏み出さなかったため、08年3月から全国10地裁で訴訟が順次起こされ、原告は420人に上る。札幌訴訟の原告は62人(患者59人、遺族3人)で、請求額は総額21億5050万円。【久野華代、金子淳】

【関連ニュース】
B型肝炎訴訟:弁護士や医師の卵 朗読劇で原告支援
B型肝炎訴訟:和解協議へ 原告「1日も早く解決案示せ」
B型肝炎訴訟:閣僚会議で政府方針を決定 和解協議へ
B型肝炎訴訟:原告が抗議行動…厚労相面談拒否で
B型肝炎訴訟:15日に無料電話相談を実施

警察官を名乗る振り込め詐欺で、68歳女性が150万円被害(産経新聞)
<地域活性化>廃校の県立高、私立一貫校に転用 埼玉・加須(毎日新聞)
鳥取の行楽地は大盛況 GW記録更新(産経新聞)
普天間、首相迷走に苦言=「重さ自覚を」−渡部氏(時事通信)
<訃報>宇高示穹さん89歳=毎日書道展名誉会員(毎日新聞)
posted by l5rsoa1gov at 20:42| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。