2010年02月06日

まだら模様の冥王星=ハッブル望遠鏡が撮影−NASA(時事通信)

 米航空宇宙局(NASA)は4日、ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した冥王星の画像を公開した。冥王星は248年周期で公転しているが、太陽からの距離の変化で表面の窒素などの氷が解け、白や茶色、黒などのまだら模様が見えた。
 NASAは、2002年から03年にかけ、ハッブル望遠鏡で冥王星を撮影。コンピューターで画像を処理し、全体像を構成した。1994年に同望遠鏡で撮影された画像と比べると、北半球が明るく、南半球が暗く変化するなど、従来考えられていたよりも大きな変動があることが分かった。
 冥王星には、米探査機ニューホライズンズが15年に到達する予定で、今回の結果は、同探査機による観測対象を決める上でも役立つという。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
「きぼうを使い尽くせる」=宇宙基地運用延長に日本側
宇宙基地運用延長を歓迎=文科相

長屋火災で2人死亡=住人の夫婦か−北海道(時事通信)
鳥取県議事務所など捜索 社会福祉法人で15億円使途不明 (産経新聞)
<名古屋地域委>投票参加申請者は1割(毎日新聞)
普天間継続使用を否定=鳩山首相(時事通信)
まゆのひな人形、制作ピーク=長野県須坂市〔地域〕(時事通信)
posted by l5rsoa1gov at 16:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪あかりの路 小樽の町に、運河に、キャンドルの灯(毎日新聞)

 北海道小樽の冬をキャンドルの灯で彩る「第12回小樽雪あかりの路(みち)」が5日、市内約45カ所で始まり、計14万本のろうそくに火がともされた。期間は14日までの午後5時〜9時。

 小樽運河では、ろうそくを入れたガラスの浮き球約400個が浮かび、幻想的な光景を作り出した。実行委員会は「昼は札幌で雪まつりを見て、夜は小樽で雪あかりを楽しんで」とアピールしている。【坂井友子】

【関連ニュース】
<写真特集>北海道の雪祭りなら さっぽろ雪まつり2010
支笏湖氷濤まつり:30基の氷像が七色に 29日開幕
<写真特集>光の競演 美しいイルミネーションの数々
<写真特集>冬の北海道 遠い春 厳冬の地から〜力強く美しい野生動物の姿

露銃撃時の航跡記録なし、2漁船スイッチ切る?(読売新聞)
小沢氏処分、東京地検きょう最終判断(読売新聞)
<iPS細胞>米ベンチャーが作成特許…海外で初の取得(毎日新聞)
医師のネット言論などで報告書―日医懇談会(医療介護CBニュース)
<冬のボーナス>12%減…最大の下落率 09年(毎日新聞)
posted by l5rsoa1gov at 06:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。