2010年01月09日

<介護保険>3人に1人が「知らない」 公明党が全国調査(毎日新聞)

 公明党は8日、全国で実施した介護に関する調査の集計結果(速報)を発表した。約7万6700人が回答した街頭調査では、4月で満10年になる介護保険制度について、3人に1人が「あまり知らない」か「知らない」と回答。介護を受けたい場所を聞くと、自宅より介護施設の方がやや上回った。

 同党の全議員約3000人が09年11〜12月に実施した。駅前などでの街角アンケートで介護保険制度について聞くと、よく知っている23%▽ある程度知っている44%▽あまり知らない28%▽知らない5%だった。

 自分や家族に介護が必要になったらどこで受けたいかを尋ねると、入所系の介護施設が46%で、自宅(42%)をやや上回った。

 同党は「制度の認知度は、街角調査なので若い人の回答が多かった影響もある。介護施設への期待が高いのは家族に迷惑をかけたくない意識の反映か、介護施設を抵抗感なく受け入れられるようになったからではないか」と分析した。

【関連ニュース】
特養老人ホーム:入所待機者42万1259人 厚労省集計
介護:厚労省で就職面接会…538人が来場
【新刊本】『介護の値段 老後を生き抜くコスト』=結城 康博・著
認知症を支える:シリーズ介護・第3部/6止 地域で暮らす
認知症を支える:シリーズ介護・第3部/4 病名決まらず困惑

とくもと家のよるごはん
モバイル魂雑談会
債務整理無料相談
クレジットカード現金化
パチンコ攻略
posted by l5rsoa1gov at 13:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。